【真湖サイド】


「ん…」


よく寝たと思って、時計をみると10時。


私、寝すぎじゃない!?


優「お、やっと起きたんだね。おはよう。朝?昼?ご飯持ってきたよ。」


ぼーっと天井を見ていると、優也先輩がご飯を持ってきてくれた。


「…あ、ありがとう…ございます」


昨日色々ありすぎて、まだ眠い…。


優「大丈夫?ぼーっとする?」


「いや!そんなことないですよ!」