私は誰かに甘えたかったのかもしれない_____

端正な顔立ちから学生時代に嫌な経験をした馨は、分厚い眼鏡をかけ長い前髪で顔を隠しひたすら地味子として会社に勤める。

小さな嫌がらせを受けながらも平穏な日々。 それだけで良かったはずなのに___

彼の何気ない一言で私の中で眠っていた何かが目覚める____

    恋がいつも綺麗だとは限らない。

大人しめ美人が、長い片思いを捨てきれずにいる年下眼鏡男子相手に奮闘する、ジレジレ切な系オフィスラブ

灘川 馨(なだがわ かおる) 25歳 168㎝
×
吉無田 太輔(よしむた たいすけ) 23歳 175㎝
 
一部 コピペが失敗していました。すみませんでした。(*- -)(*_ _)ペコリ

2020/03/09

あらすじ

地味な私にも変わらない態度の貴方に恋をした。眼鏡の奥の瞳に私を映して欲しい。私は貴方と大人の恋がしたい。

NO③

この作品のキーワード
恋愛  オフィスラブ  眼鏡男子  ハピエン  ジレジレ  年下男子  純愛