澄んだ空気と淡い空の色に秋を感じる九月。

大学の夏休みはとっくに終わっているが、わたしはアルバイト先『CAFE SAGE』で、せっせとドリンクを作る毎日を送っていた。

CAFE SAGE(カフェ セージ)』は、五人ほどが座れるカウンター席と二人掛けのテーブル席が四つあるだけの小さなお店だ。

満席になるのはランチタイムくらいだけれど、客足が途切れることはない。

マスターの征二(せいじ)さんは、バーテンダーの経験を持ち、かつバリスタでもあるため、いろんなお客さまが来店する。

美味しいコーヒー目当てにやって来るお客さまもいれば、征二さんの作るランチが好きで通っているお客さまもいる。

日が暮れると、裏メニューのオリジナルカクテルを目当てにやって来るお客さまもいる。

征二さんは、一度来店したお客さまの顔は絶対に忘れないし、常連のお客さまのあらゆる情報を記憶していた。

味の好みを覚えているのはもちろん、その日のお客さまの状態やフードメニューに合わせて、ドリンクの味のバランスや濃淡、温度を変えたりする。

妥協を許さない厳しさ。
無駄のない、流れるような動作。
どんな小さな変化も見逃さない、観察眼。

征二さんには、ドリンクを作る技術だけではなく、大事なことをたくさん教わった。

大学卒業後、友人たちと念願のカフェを開くまであと半年。

わたしは、征二さんから学べることは、ひとつ残らず学ぼうと思っていた。


「ごちそうさま」

「ありがとうございました」


カウンターでくつろいでいた常連のお客さまを見送った数秒後、新たなお客さまが入って来る。


「いらっしゃいませ」


仕立てのいいビジネススーツを着た背の高い男性。
二十代半ばくらいと思われる、涼し気な目元が印象的なイケメンだ。


「今日のオススメでお願いします」


彼は、低く柔らかな声で征二さんにいつもの(・・・・)オーダーを告げ、窓際の席へ向かう。


(今日も、会えた)


思わず笑みがこぼれかけたが、こちらを見ている征二さんと目が合い、慌ててエスプレッソマシーンへ向き直る。

昼間のシフトに入るようになった先月から、平日の午後にやって来る彼のことを知った。

来るときはいつもひとり。
時間はまちまちだから、営業職なのかもしれない。
取引先回りの合間に、ひと休憩といったところだろうか。

オーダーは、いつも「本日のおすすめ」だ。

今日の彼は、スマホを見るでもなく、鞄から書類を取り出すでもなく、大きな窓から降り注ぐ陽の光に目を細め、小さな庭に咲くチェリーセージをぼんやりと眺めている。


(ちょっと疲れているみたい……?)