秋らしいボルドーのタイトスカートに黒のニット。
足元は、お気に入りのジミーチュウ。
ショートカットの髮は前髪を上げ、アイメイクもばっちり。

アンティークの大きな姿見に映るのは、ちょっとだけ背伸びしている自分の姿。

鏡を見るのは、この三十分で三度目だ。


(この恰好で……大丈夫? おかしくない? 子どもっぽく見えない?)


今夜は、人生初のデート。
どんな服装が相応しいのかわからず、一週間も前からコーディネートに頭を悩ませていた。


パーティーで会ってから、約ひと月半。

仕事を優先するという言葉どおり、蓮はカフェに顔を出しても、わたしの誘いはことごとく撥ねつけた。

しかし、めげずに三日に一度の電話攻撃を続けた結果、今夜ディナーの約束を取り付けることに成功した。

わたしの猛攻に陥落した蓮の感想は、「うちの営業に引き抜きたい」だった。



「ねえ、どこかおかしなところない? 瑠璃」

「大丈夫、大丈夫。美脚でイチコロだって」


ルームシェアをしている友人の瑠璃は、キャンバスに向かったまま適当な感想を述べる。

キャンバスは黒。
そこにさまざまな色が飛び散り、渦を巻いていた。

わたしにはちっとも理解できないが、瑠璃が描く抽象画は高く評価されていて、国内外の画廊から作品を置きたいと声が掛かる。


「見もしないで言わないでよ」

「見なくてもわかる。酔っ払って、素っ裸で寝ている椿を何度目撃したと思ってるのよ? 飲み過ぎないよう注意しなさいね? あれを見たら百年の恋もいっぺんに冷めるわよ?」

「酔っ払ったら相手を脱がす瑠璃よりマシよっ!」

「わたしの場合は、純粋な探求心。作品づくりに生かすために、いろんな人間の身体を見たいだけ。椿の場合は、ただの公害」

「こ、公害って……」

「ねえ、椿。なんだか……いつもより胸、大きくない?」


振り返った瑠璃が首を傾げる。


「そ、そう? 気のせいじゃない?」


思わず、ギクリとして胸を押さえた。
実は、寄せて上げるブラに、パットを一つ余分に入れている。


「ほら、電話鳴ってるよ。お迎えが来たんじゃないの?」

「あっ!」


慌ててテーブルの上に置いたスマホを取り上げ、咳払いしてから応答する。


「はい、椿です」

「ぶふっ」