未設定

あらすじ

世界中に広がる新型ウイルス感染症を前に、映画館で働く北浦結衣はどう立ち向かったのか。ある戦いの記録。
作者より:この短編小説は、今年の三月一八日から一九日の二日間をかけて書いた短編『私には要も急もある 羽田涼子VS新型ウイルス感染症』の派生作品です。三月一九日前後と、いまでは世の中の状況は異なっています。いまの状況を見据え、今度は連載短編として、私が感じたことを投影し、書いていきたいと思います。

この作品のキーワード
青春  パンデミック  友情  感染症  映画