メッセージは受信通知を切っているので、一つ一つ、それぞれを確認しないと誰から受信しているか分からない。
 メッセージを作成中にバナー表示が出ると、何だか邪魔に感じてしまうのだ。
 緊急性のある時は助かるけど、今の私にそこまで緊急性は必要ない。
 多分スマホを使うのが自宅に限っているからだろう。

 受信しているメッセージを確認する為、アプリを開いてみると……。

 友達から春休みに遊びに行く約束をしていた件で、家族旅行と重なってしまったお詫びのメッセージが届いていた。
 気にしないでいいよと返信し、溜め息を吐く。

 ……当たり前だけど、理玖からの連絡はない。
 理玖も中等部に入学した時にスマホを買って貰っており、私もスマホを手に入れた時に無理矢理連絡先を交換していたのだ。

 いくら従兄妹同士とは言え、特に理玖からは、私に対して用事もないのだ。
 緊急性のある用事の場合、両親が仲介に入ったり、遥佳伯母さんから直接連絡が入ったりする。
 理玖と連絡を取り合った事って、履歴を見ても本当に数える位のものだ。

 そう思ったら、本当に私は理玖にとってその程度の存在なんだとまざまざと思い知らされる。

 もう、片思いを止めよう。

 私は愛由美ちゃんにメッセージを送ろうと気持ちを切り替えた。