「えっ!相川さん5階フロアーなの!?」


入社当日の食堂。
ドキドキしている私に話しかけてくれたのは
ショートカットが似合う可愛らしい人だった。

彼女の名前は、三田 紗菜
入社4年目の26歳
2階フロアーの総務部に勤務しているらしい。


「いいなぁ〜私も5階で働きたい〜」

「5階になにかあるんですか?」


毎朝エレベーター混みそうだし
食堂遠いじゃん

そんな事を思っている私に紗菜さんは言った。


「いるの!イケメンが!」


彼女によると、すれ違ったら
シャボン玉の香りがするイケメンがいるらしい。


「まぁ顔見れば、あっ!この人のことか!って
すぐわかると思うよ!」


じゃまた明日、シャボン王子の感想教えてね
そう言って紗菜さんは行ってしまった。


「シャボン王子…笑」


これが彼の事を知ったきっかけだ。

この作品のキーワード
オフィスラブ  年上  イケメン  甘キュン  裏の顔  イジワル  こじらせ  人見知り  王子様