ホテルマンとして、大好きなあなたと、毎日一緒に仕事が出来ることに幸せを感じていた。


あなたは、グレースホテル東京の総支配人。


今や、世界中に点在する最高級ホテルの創始者の孫。


つまりは、最高ランクの御曹司。


おまけに、容姿端麗、頭脳明晰。


総支配人と、同じホテルで働く、地味で大人しめのコンシェルジュの私とは、明らかに身分違い。


私は、ただ、あなたを遠くから見つめているだけで良かったのに…


それなのに、突然、あなたから頼まれた、偽装結婚の相手役。


こんな私に、どうしてそんなことを?


『なぜ普通以下なんて、自分をさげすむんだ。一花は…そんなに…可愛いのに…』


そう言って、私を抱きしめるのはなぜ?


告白されたわけじゃないのに、気がづけば、一緒に住むことになって…


『髪、アップにしたんだな、とても良く似合うよ』


髪型を変えたら、すぐに気づいて、さりげなく褒めてくれたり…


仕事では見ることが出来ない、私だけに向けられる、その笑顔と優しさ、そして、あなたの甘い囁きに、毎日、胸がキュンキュンしてしまう。


親友からのキツイ言葉に深く傷ついたり、ホテルに長期滞在しているお客様や、同僚からのアプローチにも翻弄されて…


私、一体、この先、どうなっていくのかな?



みやのもりさん様
素敵なレビューありがとうございます!
工藤先生にラブな話し…
確かに可哀想ですね。
また機会がありましたらm(_ _)m
貴重なご意見本当にありがとうございました。

この作品のキーワード
御曹司  イケメン  偽装結婚  身分差  胸キュン  同居  嫉妬  親友  総支配人  大人の恋