『島田さん、ちょっといいですか?』


シュシュで1人でいたら、突然、コンシェルジュの茅野君が声をかけて来た。


『どうしたの?』


『今、ちょっと時間ありますか?』


ちょうど食べ終わったとこだし…


『あと少しなら大丈夫だけど…』


茅野君が、一体、私に何の用?


私は、シュシュの1番端っこのテーブルに連れて行かれた。


この時間は空いてて、あまり人がいない。


『すみません、急に』


『全然いいけど、どうしたの?』


ここでは、敬語は使わなくていいから、後輩の茅野君にはタメ口。


こんなに近くで顔を見たのは初めてかも知れないけど…


こんなにイケメンだったっけ?


目が大きくて二重で、とても可愛い顔をしてる。


『あの…島田さんって、松下さんと仲がいいですよね?』


え?


まさか…


『…え、ええ、まあ』


『僕…島田さんに、相談したいことがあって…』


『…もしかして、相談って…茅野君、一花のこと好きとか?』