『おはよう』


『おはよう…ございます…』


って、嫌だ!!


今、すぐ近くに、絢斗の顔がある。


ベッドに座って、私の髪を撫でる絢斗。


しまった…あまりにも無防備だった。


馬鹿な寝顔してなかったかな?


もう、最悪だよ。


絶対、絢斗より先に起きるべきだった。


『すみません…ちょっと寝すぎました』


『いや、いいんだ…まだ、時間はある。ずっと、、一花の可愛い寝顔を見てた』


か、か、可愛い寝顔って…


嘘でしょ?


あまりに恥ずかし過ぎて、私は、慌ててベッドから飛び起きた。


『あ、す、すぐ支度します』


朝からこんなにドキドキするなんて…


本当に、心臓がもたないよ。


とりあえず、支度を急ごう。


私は、昨日、着れなかったワンピースを着ることにした。


シンプルだから、観光でも大丈夫だと思う。


ヘアメイクも完了して、私達は、まず、レストランに向かった。