フランスでの出来事は、私を心の奥から幸せにして、日本で起きた嫌なことをかき消してくれた。


萌佳のことは、もちろん気になっていたし、いつかはちゃんと話がしたいと思っていた。


ううん、絢斗のおかげで、そう思えるようになったんだ…


仕事を休んだ分、私は、全力でお客様に喜んでいただけるサービスをと張り切っていた。


カウンターにいる山内チーフも、私と絢斗のことは敢えて聞かず、徹底してお客様サイドに立って仕事に取り組んでいた。


やっぱり、すごい人だ。


茅野君も…


毎日笑顔で頑張っていて、私まで嬉しくなって、元気をもらってる。


『松下さん、こんにちは』


そう声をかけてくれたのは、工藤様だった。


工藤様には、アデルのことを伝えたかったから、ちょうど良かった。


『少しいいかな?』


『はい』


私は、カウンターを出て、今回は部屋ではなく、工藤様が好きだと言う、ホテルの中庭に出た。