『行って来る。無理しないよう、気をつけて。いいな』


新居の玄関で、絢斗は、私に優しく言った。


お腹に手を当てながら…


そう、私は、妊娠した。


絢斗と私の子どもを授かったんだ…


つわりが少し苦しくて、絢斗は、すごく心配してくれてる。


だけど、生まれてくるこの子のために、私は、どんなつらさにも、耐えようと決めてる。


世の中のお母さん達は、こんな思いをして出産するんだな…


尊敬する。


結婚式から2年、絢斗は…


今、総支配人時代の経験を活かし、ホテル経営に専念している。


副社長として、お父様である社長と共に。


お父様も、絢斗が経営に加わったことを、とても心強く思っているようで、絢斗は、相当信頼されているんだとわかる。


仕事は、忙しそうだけど、でも、ちゃんと私といる時間も大事にしてくれてる。


家にいる時は、なるべく仕事を持ち込まず、私の事を見てくれて…