『一花、お疲れ様』


更衣室で、声をかけて来たのは、萌佳だった。


『お疲れ様、萌佳も終わり?』


『うん、それより、森田様のプロポーズ大作戦どうだった?』


目を輝かせて、興味津々に聞いて来る。


『それが…』


ダメだったの?って言う顔をする萌佳。


『実は…大成功だった!』


私は、右手でOKマークを作った。


萌佳は『ほんとに!!?』って、ものすごく嬉しそうな顔をした。


そして、続けた。


『森田様、良かった~!うちのホテルでプロポーズするなんて本当にすごいね、ちょっと鳥肌』


『うん、桜の下で、感動のプロポーズだったよ。森田様、すごく嬉しそうだったし、2人とも幸せそうだった』


『そっかぁ、見たかったなぁ~なんか、ちょっとうらやましいね、彼氏いない組としては』


『本当、そうだね…』


萌佳には…


まだ、絢斗と同居することは言ってない。