ー授業中ー

隣でずっと話しかけてくる、友達のみさき。
今日の私には話が全く入ってこない。
なぜなら私は絶賛風邪気味だ。そして今、
間違いなく熱がある。

みさき「でねー…って、聞いてる?」

「…ん?う、うん…聞いてる聞いてる。」

…聞いてなかった。

みさき「じゃ、決まりね!明日19時に
駅前のイタリアンバルだから」

「え?あ…うん。了解」

…おっと、まずい。なんだっけ…
明日、19時…バル。うん、わかった。

あ、バイト休むって連絡しなきゃ。

それより…授業終わったし、今日は帰ろう。


ー自宅ー
はぁー…疲れた。

「ゴホッゴホッ」
最近嫌な咳が続いてる。完全に風邪だ。

「薬のも…」
あれ、もうない。
最近無くなるのが早いなぁ…と思いながら、
体温計を取り熱を測る。
「37.5℃…微妙。とりあえず今日は寝よ、
ご飯はもういいや」

1人ボソボソとつぶやきながら、お風呂に入って
ベッドにダイブ、と同時に意識を手放した。


ー翌朝ー
私は近くにあった24時間営業のドラックストアに
寄って、風邪薬を買って学校に行った。

みさき「おはよー!…って、ねぇ!
今日その格好で来るってことないよね⁉︎」

それもそのはず。今の私の格好はほぼ
スエットに近い。とてもじゃないけど、
イタリアンバルとはほど遠い格好をしていた。

「えっ?…と。うん、着替えて行く。もちろん」

…忘れてた、完全に。
はぁ…行きたくないなぁ。
けど、頼まれると断れない性格なもんで。

慌ててバイト先に連絡する。
風邪引いたって言ったらあっさりと了承してくれた。

間違いではないけど、ちょっと罪悪感。

授業が終わり一旦家に帰って、それなりの
服に着替えてから約束のバルへ向かった。