「ああ、あの時こうしておけば良かった。」「あの時ああして良かった。」誰もが抱える『選択肢』認知の歪みで自然と人を傷つけたかもしれない。自分の、認知を認知する。それで何か変わるのだろうか。日々葛藤しながら生きてゆく。
『重い』『思い』『想い』全てに深みがある。抱えきれなくなった時、重いものを降ろして、人の感情を知ろうと思い、愛しいものに想いを寄せて。生きる理由を探す為に生きている。他人の為に生きるのではなく、自分の為にも生きてもいいのでは?自分に優しく、みんなに優しく。さて、幸せの世界へ入っていきましょう。

あらすじ

幼き頃から虐待を受け続ける咲。


助けを求められなかった。


仕返しが怖いから。


この世は怖いものがたくさんある。


一番怖いのは自分自身かもしれません。



平然としている私。



なるべく感情を出さない。



そうしてる。

この作品のキーワード
恋愛    摂食障害  拒食症  過食嘔吐    生きる  虐待  ネグレクト  未来