高校受験の前にすれ違ってしまった幼馴染。悲しそうな顔が忘れられない。

高校受験の前に、幼馴染からの誘いを少しイラッとした気持ちのまま断ってしまった。
すれ違いなのか、それとも、相手の事を考える余裕さえもなくなってしまっていた。

僕は、高校に受かって、自分がやりたいと思っている勉強をする。
そのためにも、しっかりと勉強して、絶対に希望する科に合格しなければならない。

でも、別れ際の幼馴染の悲しそうな顔が、泣き出しそうな顔が脳裏に焼き付いて離れない。

この作品のキーワード
すれ違い  嫉妬  幼馴染