フライア・ヴェッセルは過労死寸前だった。
ヴェッセル王国の王妃として民を導き、人を従えてきたものの、旦那とその寵妃により王宮では孤立気味。しかも、仕事三昧の日々。
そんな日々に嫌気がさしていた時、フロイデン王国の公爵様、ブラッド・ルーベンスと出逢う。ブラッドはフライアのことを気に入ったらしく、フライアを母国に連れて帰る、と宣言し……。

自由奔放な俺様公爵様×過労死寸前の王妃様。

*こちら自体は番外編みたいなものです。本編がやたらと長いので、番外編のみとりあえず掲載します。
*アルファポリス、小説家になろうにも掲載中。

あらすじ

フライア・ヴェッセルは過労死寸前だった。
ヴェッセル王国の王妃として民を導き、人を従えてきたものの、旦那とその寵妃により王宮では孤立気味。しかも、仕事三昧の日々。
そんな日々に嫌気がさしていた時、フロイデン王国の公爵様、ブラッド・ルーベンスと出逢う。ブラッドはフライアのことを気に入ったらしく、フライアを母国に連れて帰る、と宣言し……。

この作品のキーワード
ファンタジー  溺愛  甘々  ざまぁ  離縁  恋愛