新しい週の始まりの月曜日、せわしなく用意をしていると、真由はまだ楽しかった土曜日の誕生会の話をしていた。

すっかりと昨日で現実へと引きもどされていた私としては、もう二度とない時間だと思っているが、真由にとってはそれほどまでに楽しい思い出だったのだろう。

ため息をつきたい気分を抑え込み、真由に笑顔を向ける。

「さあ、保育園に行く時間よ」
「それよりまなくんたちといつ会える?」
キラキラと期待をした瞳に、私は不可抗力とはいえ専務と真由を会わせたことを後悔をしていた。

どうして〝まなくんたち”という言葉になるのだろう。

「亜里沙ちゃんとは会えるかもね」
そう言うと、真由は少しムッとした表情で私を見た。

「まなくんも一緒がいいの。まなくん、いっぱい遊んでくれるの」
そこまで言われてはもう何も言えず、真由に小さく頷いた。

「まなくん、お仕事いそがしいから、また聞いてみるね」
その言葉に真由は嬉しそうに頷いて、保育園の帽子をかぶった。