「おっはよ〜!」
「おはよ〜!」

萌華ちゃんに続き、唯ちゃん、音葉ちゃんも学校に来た。
4人で、集まってワイワイしてたら、
桜喜さんが、教室に来た。

「うわ〜、瀬奈ちゃん目当てでしょ」
「え?///そ、そんな訳ないよ。」
「え〜?そうかな〜?」

何の用なんだろ?私に対してではないと
思いつつも,少し気になっていた。

「あのさ、水川いる?」
「え?」

わ、私?何で?

「キャー!ほら、行け行け!」
「う、うん。 えっと、何?」
「あのさ、ちょっといい?」
「うん、」

まさか、こ、告白かな…どうしようかな…

「あのさ、す、」

す、き///?

「スカイツリー、こんどみんなで
 行くんだけど、水川さんもどうかな?」
「へ?スカイツリー?」
「う、うん、嫌ならいいんだけど」
「あ、行きます。」
「ほんと?フハッありがと」

っ、私に向けられた笑顔は、かっこよくて、
ドキドキした。

「あ、友達3人いるでしょ?誘っていいよ」
「うん。」
「こっちも、男子3人誘っとくから」
「あ、うん!分かった!」

2人きり、じゃ、なかったんだ…
いやいや、誘ってくれただけいいよね、うん

「それでさ、連絡先教えてくれない?」
「あ、いいよ」
「ありがと、あ、来た来た」
「ありがとう」
「それじゃ、またね。」
「うん、」

はぁ〜、でもほんとに告白な訳ないよね…
でも、あの笑顔かっこよかったな…
って、何考えてんの?早く戻ろ