契約名は、「婚姻」。
二人を言い表すならば、「他人」。

かみさま、おねがいします。

どうか、きずつけないで。


引きこもり小説家

×

編集者


行かないでなんて言わないから。

お願いだから、見つめさせて。

あらすじ

『夕暮れは、人の気持ちをおかしくさせる。』結婚一年目、不器用な小説家と編集者が織り成す日常生活。優しくて残酷な秘密を抱えたまま、緩やかに愛は窒息して行く。積み上げるには永遠の時間を要するのに、崩す作業は恐ろしく呆気ない。二人の愛の行方。

この作品のキーワード
切ない  すれ違い  溺愛  結婚  小説家  編集