高校球児に恋する、
すべての方へ───・・。

あなたの夏が、一生忘れられない
素敵な夏になりますように・・・・。


*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o*


それは高校3年の最後の夏。

幼なじみだったわたしたちは、
同じ夢を見てたよね。


━━『打てよー、打てよー、
打て打てよー!お前が打たなきゃ
誰が打つー!』━━


応援団の太鼓とメガホンが
打ち鳴らされる中、

わたしは必死に願った───・・。


稜ちゃん、打って!

この試合に勝ったら・・・・。


約束したよね?

ね、稜ちゃん。


*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o*


*2008.10.24〜12.08
*第7回日本ケータイ小説大賞
TSUTAYA賞を頂きました。
心よりお礼申し上げます!

*5年ほど前に書いたままなのでかなり古めかしいのですが、記念にこのままにしておこうと思います。ご了承くださいませ*
 

この作品のキーワード
甲子園  初恋  四つ葉  約束  高校野球  片想い      青春  野球