ありがとう。

こんな私を好きになってくれて。




※この話は『先生が認めるまでの話』の女の子目線の話です。
私的には、『先生が認めるまでの話』を読んで頂いてから方がこの作品はわかりやすいかと思います。



この作品のキーワード
  先生