アーガイル公爵であるルーカスは、夜会中にアプローチしてくる令嬢たちから逃げるために庭にでる。

そこで、とある令嬢が猫を撫でているのを見かけ、強烈な願望を抱く。


自分のあの手に撫でられたいと。

この作品のキーワード
  転生