砂浜から、奈々と凛の暮らす家まで5分。

ふたりは毎日散歩をしている。

今は蓮も一緒に歩いている。

凛を真ん中に3人で手をつないで。

今までのお互いの時間が嘘の様に…

新しい未来に向かって歩いている。


手入れの行きとどいた、家と庭が見えてきた。築年数はかなり経っていそうだ。


ここが奈々と凛の家。

「奈々この家は?」

「母の実家なの。亡くなってからは私が受け継いだの」

「それにしても、手入れが行きとどいていて古さを感じないなぁ~」と感心する蓮。

「そうなの。ずっと管理をお隣のご夫婦にお願いしてるんだけど、いつでも住めるようにしてくれていたの」

奈々と凛は蓮を家の中に案内する。

家の中も、優しい雰囲気の綺麗な部屋が。

凛のおもちゃもある。

蓮は部屋を見まわし微笑む。

「蓮。荷物は適当に置いてね。手を洗いに凛を連れて行ってもらえる?」

「ああ。もちろん。凛、洗面所に案内してもらえるか?」

「うん!!」といい返事と共に、蓮の手を引っ張る凛。

嬉しそうな凛の姿。