そして迎えた奈々達が帰ってくる前日の金曜日。

仕事を終えてエレベーターで最上階に着いた。

エレベーターを降りると何故か電気が…

消し忘れか?と疑問に思いながら、リビングの扉を開けた瞬間、

「パパおかえり~」と凛が飛びついてきた。

咄嗟に鞄を落とし凛を受け止める蓮。

いい匂いの漂うリビング。

突然のサプライズに涙が溢れる。


「蓮。おかえりなさい」

愛する女性が笑顔で迎えてくれる。

夢にまで見た光景。

今日から、幸せな生活が始まる。


─完─





この作品のキーワード
アナウンサー  写真  奇跡の1枚  美女  子供  再会  愛しい存在  溺愛  親バカ