金曜日の放課後には、
『公開告白』が体育館裏で
5年と3ヶ月の間ずっと 行われてる。
見れば 今日も君 は告白されていた。そんな君と待ち合わせてはいないけど、二人並んで 体育館の階段を昇る
僕の気持ちは?
ハジメと小さな恋人達の話。

長編短編SS話 4部作の3段目。
旅するギャラリー
『武々1B』オーナーハジメが
出会った 小学生男女子との華。

『喪主する君と二人だけの弔問客』
『喪主する君と青い春』
『夏休みは境界。公開告白される君と3日間の旅』
『首都に在るホテルに住まう貴公子』連作。

レンとシオンの小学生時代を
オマージュにしてストーリーを
作っていますので、『喪主する君と二人だけの弔問客』の世界観を
重ねても読んで下さればと。

あらすじ

『公開告白』される学校で1番有名な女子。僕は、スクール水着じゃない海水パンツを買わされて、『夏休みの家族旅行』というイベントに 彼女の家族と 一緒に行く事になった。深夜に 全速力で走らされ、乗り込むのは、埠頭から出発する巨大なフェリーだった。

『喪主する君と』
~旅すれば恋に会う~をテーマに書いている、2season 夏の作品です。

この作品のキーワード
学園  ひと夏  旅行  告白  幼なじみ  青春  年下  家族