「おまえには指一本触れる気はない」


そう冷たく笑った男は
大国テルルの王太子セレン

その瞬間、隣国アルゴンから嫁いできた
王太子妃フレイアの幼い恋心は砕け散った


ーそして、離婚へのカウントダウンが始まるー


初のファンタジーものです

私の妄想で書いていますが、
『異世界ものはなんでもあり』になって
しまいそうで少し怖いです

ご批判等受け付けますので、
遠慮せずお願い致します

ノロノロ・チビチビ、更新させていただきます


【2020/07/1〜】

この作品のキーワード
異世界  政略結婚  白い結婚