もう風も冷たい季節だから、人妻の指先が余計に沁みてくるのだ。

あらすじ

彼女を駅まで見送った帰り道、彼は車の中で彼女の不敵な美しさを思い浮かべる。難病を患い死期が迫っている夫を見舞う彼女は看病に献身的な人妻だが、彼と過ごす時間の中で無邪気な子供に帰るようだった。

目次

この作品のキーワード
恋愛  難病  不倫  純文学