孤独と絶望から救ってくれたのは、肉じゃがだった。

社会人1年目で、彼女ナシ、仕事は残業続きで生きる楽しさが何もない日々を送っていた僕。一人暮らしをはじめて、まともな食事をしていなかったところに、美味しいおすそわけを持ったおばあさんが現れた。一人暮らしをすることで感じる人のありがたみ。少しずつ大人になっていった僕の物語。

ショートストーリーなので、割とサクッと読めます。

目次

この作品のキーワード
恋愛  思い出  美味しい料理  ひとり暮らし  家族  ほっこり  感動