まるで小さな楽器のように、美しい音符を胸に秘めているかのようだった。

あらすじ

女の部屋で夢ともまぼろしともつかない影像に目覚めた後で、私は八年前、青森で出会った一人の娘のことを思

目次

この作品のキーワード
幻想  少女  記憶    純文学  人間ドラマ