私は見ず知らずのうつけに嫁ぐ……

イシュタル・サンジェルマン。アヴァロン魔法王国の王女16歳。
ある日、私は父に呼ばれ、隣国アルカディア王国へ嫁ぐよう命令された。父の命令は絶対、拒否は絶対に出来ない。
そう、私の結婚は戦国のならいで完全な政略結婚。
相手は一度もあった事がない、超が付く凡愚と噂のアーサー王子。
父はアーサー王子を籠絡し、意のままにならねば、いっそ殺せと告げ、
ひとつの『駒』として私を送り出したのだった。

あらすじ

私は見ず知らずのうつけに嫁ぐ……

イシュタル・サンジェルマン。アヴァロン魔法王国の王女16歳。ある日、私は父に呼ばれ、隣国アルカディア王国へ嫁ぐよう命令された。父の命令は絶対、拒否は絶対に出来ない。私の結婚は戦国のならいで完全な政略結婚。
相手は一度もあった事がない、超が付く凡愚と噂のアーサー王子。
父はアーサーを籠絡し、意のままにならねば、いっそ殺せと告げ、
私を送り出したのだった。

この作品のキーワード
政略結婚  信長  恋愛  帰蝶  バトル  戦友  騎士  夫婦  軍師  戦国