蓮…大人っぽくなってた…。

黒いサラサラの前髪はきっちりと上げられ、秀でた額を出していた。
眼鏡のフレームも変わってた。
ブラックフォーマルが様になってたな。

「…い。愛。あーい!」

「え?…あ、ごめん、何⁉︎」

「そろそろ皆んな入ったみたいよ。
親族の方々も、席に着きだしてる。」

「あ…ホントだ…。
ちょっと、ボッとしてた。
片付けようか。」

「……愛、どうしたの?
なんかあった⁇」

え、私、そんなに変?

「ちょっと、顔が赤いね。
暑いのに、振袖だからかな。
二次会は軽〜いドレスだから、それが救いだわ。」

「ホント。
成人式の時は寒かったからねー。
暑さとチャペルの眩しさにやられたかも。
あ、喋ってる暇ないね。
御祝儀、渡す人…」

「里中家は、里中正弘様、新婦の叔父様にお渡しください。」

ドキッとした。
間近で聞こえる、蓮の声。

「あちらにおられます。」

示された先には、美央の叔父様が。
蓮の手には、“セキュリティー”と書かれた袋があった。
新郎側のご祝儀を受け取ったのだろう。