「それに俺も、彼女が裏切るわけないのに…。
裏切られたと思って、やり直すことを諦めてしまいました。
でも、結局忘れることが出来なくて、
今に至ります。
すみません、女々しい男で。」

「…別に、女々しくはないだろ。」

「あぁ。
さっきも言ったように、一途なヤツは嫌いじゃない。むしろ、好感は持てるよ。」

「…すみません。
あの、俺のせいで時間取ってしまいましたね。
どうぞ、お出かけください。
俺もこの議事録終わったら退社しますから。」

「いや、こっちこそ、プライベートに踏み込みすぎだった。」

「ああ。悪かったな。」









全然悪くないです。
俺が傷つけたのは、あなたの妹なんです。
さっき、神聖化してると言ってたくらい大切にしてる、あなたの妹なんです‼︎




結局俺は、真実を言えずにその場をやり過ごし、
頭を抱える羽目に陥ってしまった。

……でも。

やっぱり、愛は裏切ってなかった。
確認しなかった俺が悪い。
あの時、ちゃんと声をかけてたら…

自分の詰めの甘さを痛感した。


過去はどうしようもない。

しかしこれで、懸念事項は消えた。

愛に、今現在、大切な人は居ないようだ。

だったら、俺がもう一度告白しても、愛を苦しめることはないはずだ。

ポジティブに考えよう。