その繋がりから、蓮がHASEGAWAに入社したと言うなら、話はわかる。
いわゆる修行というものだろう。



……こんなに近くにいたんだ…。




蓮はHASEGAWA社員のテーブルについている。
同じテーブルの人と、全く違和感なく話している。
本当に社員なんだ。
不思議な感じ…。

高校時代は友達と話すのも、苦手そうだったのにな。
でも、大学では…。
きっと、沢山友達もいたんだろう。
その中には女の子も。

あの…マユミさんとは、どうなったんだろう。
今も続いてる?
あの人は、私が元カノだと言った。
今は自分と付き合ってるから、もう電話はしてこないで欲しいと。
この前の旅行は、私の為の最後のプレゼントだったとも言った。
蓮は優しいから。
自分で言えないから、代わりに電話したのだと。
そして、一緒にイギリスへ旅立って行った…。

信じたくなかった。
でも聞こえたの…。
『マユミ…』と囁く、蓮の声…。

完膚なきまで打ちのめされる、って、
きっとこんな感じなんだと思った。

私の何が悪かったんだろう。
やっぱり、距離には勝てなかったのか…。

あんなに愛してくれたのに。
ううん。
愛してくれてると、思ってたの…。






ダメだ。
どうしても思考が、蓮に行ってしまう。


お色直しで、歓談中だし、少し外の空気を吸って来よう。