熱い、熱い炎が僕を取り囲んでいた。朦朧とする意識の中、誰かが僕に手を伸ばす。

誰かの着ている黒いローブと装飾品が、熱い風に揺れた。黒い光?が渦巻いた刀を片手に、誰かは微笑む。

綺麗な水色の瞳、優しそうな笑顔。僕は、気が付いたら誰かの手を掴んでた。

そこで、僕の意識は途切れたんだ。

この作品のキーワード
死神    呪術  悪霊  退治    友情  過去  記憶  バトル