俺のボディガードは陰陽師。
~第三幕・不穏な悲鳴~

★★

元ボディガードの彼女を追いかけ
巡る様々な依頼!

でも
まだまだ謎を抱え
俺達の物語は続いていた…

★★

高校のさわやか自然百景(…)王子様
大財閥・橘グループの御曹司
自称・陰陽師なずなの助手?
橘 伶士
×
高校の有名な美女ギャル
実は
伶士の元ボディガードな陰陽師
鈴代なずな

本気のラブコメディ?
もしくは
陰陽師バトルファンタジー?

★★

そんなボディガードだった陰陽師に
惚れ込んで追いかけるその先は
波乱だらけ!

今回は…潜入捜査?!
しかも潜入先は
俺がかつて在籍していた
セレブ名門・北桜学園!

いったい、何が起こってるんだ?!

…いや、黙っていられない

『…俺も連れて行け!』

陰陽師の助手、継続。

どこまでもしつこく
追いかけますけど、何か?

★★
君の涙を見たときに
『そばにいて護りたい』
強くなれる気がした

だから
俺も一緒に連れて行け

背に庇え、護れ

護られるだけじゃ…足りないんだ

★★
★★

*こちらは
【俺のボディガードは陰陽師。】
の続編・第三弾でございます。

★★

☆attention☆
この物語はフィクションでございます
札幌が舞台のお話で
実際の地名ですとか建物など
登場致しますが
現実とは何の関係もございませんので
ご了承ください!

★★

StaRt 2020.7.1
OpeN 2020.7.10


★★
©️Amayu



この作品のキーワード
陰陽師  ボディガード  一途  片思い  潜入捜査  ラブコメ  ギャル  アクション  高校生  御曹司