一躍英雄になったアイスマンだったが、彼の幸せはそう長くは続かなかった。


「わずか3日で氷が全部溶けちまったじゃねえか、この詐欺師が!」


「そうだ! そうだ!」


「もう一度、地面を凍らせろお!」


「そうだ! そうだ!」


「さもないと、おまえを熱湯でぶっ殺すぞォ!」


アイスマンは怒り狂った市民たちに取り囲まれた。


彼らは殺気立っている。


バケツに熱湯、手には拳銃、包丁、鉈、ハンマー、手榴弾を持った者さえいた。
 

「すまない……わたしの能力では、たった一度しか――」


「もうやめてェ!」結愛が叫んだ。「お願い!」


「邪魔だ、どけ」結愛が若い男に小突かれた、つぎの瞬間だった。

 
身を呈した少女に熱湯がかかった。


全身大火傷。


即死だった。


アイスマンは怒り狂ったような叫び声をあげると、


瞬間移動(テレポーテーション)してこの場から去った。




2100年9月11日、全世界は殺人寒波に包まれたのは、言うまでもない……




                The End
 

この作品のキーワード
ホラー  オカルト  SF  2100年  ヤーコフ  ジョーカー