パーティーまで残り一週間。私は言われた通り、なにも考えずに毎日を過ごしていた。
透さんはPCでお仕事をするばかりで、池畠さんの件でなにかアクションを起こす様子はない。
彼にまかせるって決めたものの、なにか変化が見えてこないと不安でいっぱいになる。

今日は透さんはオトワリゾート本社へ出勤するが、私は休み。
彼を送り出し、のんびり過ごしているとスマホに着信が入った。

美砂だ。

「もしもし。どうしたの」

『あ、沙穂ちゃん。今日暇してる? 来週のパーティーのドレスを見にサロンへ行かない? 和志さんはお仕事でいないし、ふたりで』

久しぶりの明るい声にホッとした。たまに実家に遊びにおいでと連絡がきていたものの、私は池畠さんを避けてまったく帰らなかったから。
美砂、変わらず元気そう。

「いいね。行きたい」

『やったぁ! じゃあお昼を食べたら行こう』

「わかった」

透さんに【美砂と出掛けてきます】とだけメッセージを入れ、お化粧を始めた。
美砂に会えるのはうれしいけど、顔を合わせるのが少し怖い。