父の車で自宅へ戻った。父と姉は私に黙ってお見合いを仕組んだというのに、もちろん謝罪はない。
それどころか、帰るなりうまくいったと興奮気味にはしゃいでいる。

「まさかふたりとも今日の今日で婚約を決めるなんて、やっぱりお似合いね! ねえパパ、 透くんにいつ挨拶に来てもらう?」

姉の高い声が玄関に響く。
とりあえず透さんとはホテルで解散した。改めて母や池畠さんもいるときに挨拶に来るという。

私はヒールを脱ぎながら、先にリビングへ向かうふたりの会話を聞いていた。

「僕たちは透くんならいつでも歓迎だよ。大丈夫、彼はそこらへんもよく考えてくれるから。沙穂と付き合って、ちゃんといいタイミングでこちらに来るさ」

「パパったら本当に透くんがお気に入りなんだから」

「仕事でもプライベートでもいい男だからねぇ。文句のつけどころがないんだよ。彼が沙穂をもらってくれたら安泰だ」

ふたりの会話には混ざらず、ついでにリビングにも入らずに、私はルームシューズをはいて二階の自室に向かった。

編み込みをほどき、ウェーブの跡が残るセミロングをくしで整え、パールの小物をドレッサーの定位置に戻した。
四畳あるウォークインクローゼットに入り、ルームワンピースに着替える。