ある日、私が廊下を歩いていると、

上から男子生徒が降ってきました。










クールで口数少なくて、無表情。

金髪でピアスあけてて、制服も着崩してる。
幼馴染みの情報によれば、喧嘩の腕もピカイチらしい。



そんな不良っぽい後輩くんは、意外と……


いやかなり、照れ屋で、優しかったりします。












面倒事引き寄せ先輩女子(高2)


×××


クール系不良(?)後輩イケメン(高1)















少女漫画のように大きな怪我をして
慰謝料を請求したわけでも、

何かを壊したわけでもない。



ただ、あの日以来
何故か後輩くんのお気に入り認定されてしまい。







⚪︎





「先輩がどれだけ人を不幸にする存在でも、


俺は先輩と出逢ってから

一度も不幸だなんて思ったことはありませんよ」





⚪︎







何も望まないで生きてきた。

望めば望むほど、手が届かなくなってしまうから。



だけど、ひとつだけ。
たった、ひとつだけ。



こんなのでも、望んでいいですか?






──────あなたの隣で、幸せを見つけたい。







*.きみに、世界でいちばん幸せな恋を.*









「こんなに優しくすんの、先輩だけですよ」






ギャップ萌え(?)120%

\一途不器用後輩くん×無気力系不器用先輩女子/






*後輩くんの溺愛事情。





2020.07.11 執筆開始


END 2020.09.19





この作品のキーワード
先輩  後輩  溺愛  秘密  イケメン  不良  一途  不器用  ギャップ  ベタ惚れ