*星々の下で川を見る

 水面に落ちる街灯と手にした酎ハイ。後ろ向きな私を元気付けてくれたのは、幼馴染みのあなたでした。


 *これを恋と呼ぶのなら

 恋として成立させるならば、幼馴染みという枠組みを取っ払う必要がある。

 私は今、殻を破らなければいけない。


恋に奥手なOL 凛恋と



口は悪いが優しい幼馴染みリーマン ゆずの


溺愛ストーリー





この作品のキーワード
失恋  幼馴染み  お酒  溺愛  甘々  短編