「その手、離さねえ限りは守ってやる」


宵闇

逃げて、逃げて、飛びこんだ先は

“ 猛獣 ” の腕のなか────?







「知らない人には着いていっちゃダメなんだってば……!」
お嬢様/※飛んで火に入る系
北川 ちとせ

×

「手のかかるお嬢様だな」
猛獣/※噛みつき癖あり
本城 真弓







「俺が死ぬほど可愛がってやるよ」



誘われるがままに踏み入れた
思惑絡まる 禁忌の街

暴かれていくのは秘密と



「どうか────……」





- - - - - × × × × × × × × × - - - - -


さて

いばらに囚われて身動きとれず
呪われているのは 〈お姫様〉?

それとも

愛のくちづけで目を醒ますのは
愛を知らない 〈獰猛な野獣〉?


- - - - - × × × × × × × × × - - - - -





交わるはずのないふたりが出逢うとき

幕開けるのは



「欲しい、お前のことが」



すべてを賭けた甘くて痛い

逃走────否、《脱出劇》






2021.12.03. 更新開始

この作品のキーワード
不良  暴走族  お嬢様  胸キュン  運命  独占欲  同居  純愛