★★★★★
誰かに否定された世界でも



普通ってなんだろう、と思います。
普通って誰が決めたんだろうと思います。

きっと誰かにとっての普通は、誰かにとっては違って、誰かのものさしで否定されたものは、他の誰かにとっては大事なもので。

そういう、忘れがちなことを思い出させてくれる物語でした。


ゆんちゃんが雅翔くんのわらった顔がすきなこと、
雅翔くんがゆんちゃんのわらった顔がすきなこと、大切な気持ちが消えてしまわなくてよかった。
消さないまま、抱きしめてくれる人にふたりが囲まれてよかった。

温かいエンディングに涙が零れました。
誰かにとって大切なものを、たとえ理解できないかもしれなくても否定したくない、そういう人でありたいと思いました。

素敵な物語をありがとうございました。
結季ななせ
20/07/29 08:55

>>新着レビュー一覧へ