「あの‥‥‥!!私ずっと前から柳井さんのことが好きでした‥‥‥!!だからっ、私と付き合って下さい‥‥‥!!」
そう言ってくる目の前の女子を見ているとため息をつきたくなる。
 これで何回目だろう、告白されるのは。
 「ごめんね、ありがとう。私を好いてくれて」
「じゃあ‥‥‥!!」
嬉しそうにこちらを見上げる女子を哀れだなぁ、と思いながら見る。
 何でOKしてくれると思うのか。
 理解に苦しむ。
 「でも私、一応“女”だし‥‥‥。そう言う趣味は無いんだ。だから‥‥‥」
女という言葉をわざと強調して言う。
「柳井さんが女だってことは百も承知です!でも柳井さんってイケメンじゃないですか‥‥‥!だから‥‥‥!」
なおも食い下がる女がいい加減ウザくなる。
 やんわりと断っていることに気付いてないのか。
 「本当に無理なんだ。ごめん。これからは友達として仲良く‥‥‥」
 「‥‥‥最っ低!」
うなるような声で聞こえた言葉にはぁ?となる。
 最低?誰が?
 と思った直後、ーバチン!!と乾いた音が体育館裏に響いた。
「‥‥‥はぁ?」
自分がビンタされたということに対して訳がわからない、という感情が口から言葉になって漏れる。
 ー痛ぇよ、オイ。
 口の中にじわっと血の味が広がる。
 その後に、鋭い痛みが走る。
 何で私が怪我しなきゃいけないんだ?
 目の前の女に、一言言おうと思って顔を上げる。
 そこにはもう名前も言わずに告ってきた女子の姿は無かった。

 「ハァァ‥‥‥!!ふざけんなよ‥‥‥!!」
イライラをぶつけるように机をだん!と叩く。
 「おお真紘、裏出てるよ、ブラック降臨してるよ」
親友であり、この学校で唯一本当の私を知っている私の理解者で、幼なじみの宮代日葵に言われて、初めて私の仮面が剥がれていたことに気づく。
 「柳井さん、大丈夫?」
クラスの子が心配そうな目で、こちらを見てくる。
 ええと、この子の名前は何だっけ?
 「大丈夫だよ、山崎さん。心配してくれてありがとう。騒いじゃってごめんね?」
剥がれていた仮面を元に戻し、ニコリと効果音が聞こえそうな笑顔で返事をする。
 するとその子は顔を赤らめて、教室から出て行った。
 バイバイ、と手を振る。
 そんな茶番を見ていた日葵が「で?」と口を開いた。
 「何?」
 そんな主語も述語もない問いで話が進む訳ないだろ。
 「今日は何があったの?いつもより荒れてるじゃん」
「ああ、実は‥‥‥」

「何それ理不尽!」
事の転末を親友に説明すると、親友は自分の事のように怒ってくれた。
 「だよね」
 怒ってくれる日葵に頷きながらコーラ味の飴を一つ口の中に放り込む。
 「真紘、私にも一つ」
 そう言われて、日葵にも飴を渡す。
 「そんなん告られてもこっちが知るか!って話だし。何で好き好んで女子と付き合わないといけない訳?それで最低って何!?そんなの最低なのは向こうでしょうが!」
今度は日葵にしか聞こえないように小声で愚痴をこぼす。
 本当の私を公にすると、後々面倒くさい。
 「男と男の恋なら漫画とかであるけど、どうして女と女はないんだろうね〜?」
「そんな呑気なこと言わないでよ」
 実際にはあるし。
 私がそれがあることを知ってることはノータッチで。
 やましいことなんて決してありませんから。
私があげた飴を舐めている親友に向かって言う。
「こっちは好きになられても大迷惑だし。ましてや今日みたいにビンタされるとか。あー痛い‥‥‥」
 思い出したらまたイライラしてきた。
 イライラを抑えるように、飴をガリッと噛み砕く。
 「真紘、飴もったいないよう‥‥‥」
「どうせ、日葵みたいな美少女で彼氏持ちには分かりませんよーだ」
「あら褒めてくれるの?ありがとう」
「褒めてない」
おどけた顔で言う日葵に言い放つ。
 そして顔を見合わせて互いに吹き出す。