そのライトブラウンに見覚えがあった。

「……」

「……」

「……ジロー?」

「え? ジロー? 俺、泉真人(いずみまこと)って言います。ええと、のあ先輩覚えてないかもしれないけど、あの、俺、あの日先輩に一目ぼ……」

「あ、ごめん。そういう話なら、聞けない」

「へ?」

目の前の明るい髪色をした男の子は目を点にして口を開けている。

「ジローに似てるな、懐かしいなと思って、呼び出しに応じたけど、そういうお話はいいです。受け付けてないです」

「え、あの、ちょ……」

私は元来た道をぽてぽて帰る。飛んでくる声には振り向かない。嘘だろー!? とか、っていうかジローって何スか?! とかなんか雑音がするけど、まぁいいや。

私はスマホを取り出してタップした。現れるゴールデンレトリバー。ライトブラウンの綺麗な毛並みが柔らかくて私は大好きだった。相棒、ジロー。享年13歳。

ぽかぽか陽気で、眠くなる午後。

絶好のお昼寝日和だなぁ。