ふわりと身体が包みこまれる。

私をぎゅっと抱きしめる泉くんの表情はここからは見えない。

「もう、濡れても知らないからね?」

「はい」

「コーラの匂いもついちゃうよ?」

「はい」

「泉くん」

「はい」

「大好き」


背中に当たる泉くんの腕が、私に気持ちを伝えてくれる。

抱きしめ返すと、泉くんが笑う気配がして私は口を尖らせた。

「笑う所?」

「なんか嬉しくて。……のあ先輩小さい。可愛い」

「私は小さくない。泉くんが大きいんでしょ」

「のあ先輩負けず嫌い」

「私は小さくない。普通で……」


不意打ちで唇を塞がれて、私は続きが言えなかった。


「……さっきの仕返し」

「……。どっちが負けず嫌い?」


どちらともなく笑いだす。

君といると、心の中がこんなにも温かくなるんだ。

だからね、これからも。


傍にいてね、泉くん。