「さっきの人……」

2人で旧校舎を出て、私は尋ねた。

「『翔太先輩』って、呼んでたけど……」

「ああ、中学のサッカー部の時の先輩です」

「サッカー?」

「俺、中学までサッカーしてて。翔太先輩は早くからレギュラーやってて、色々面倒見良くて、世話になって。憧れてたんですけど」

「けど?」

「最後の試合で怪我しちゃって。辞めちゃったんです。サッカー」

「そうなんだ」

「気になる?」

「え?」

「翔太先輩の事」

私の方を向いてそう尋ねる泉くんに、私は眉を寄せてみせた。

「気にならない。すっごく失礼な人だと思っただけ」

「はは! のあ先輩が人にあんな風に言い返してるの初めて見た」

「笑う所じゃないんだけど」

「すみません。俺、口じゃ翔太先輩に敵う事なかったから。すごいな、って思って」

「だって、腹立つじゃない」

「のあ先輩の負けず嫌いなとこ、俺好きですよ」