「あんたへの復讐計画を真剣に練ってたわ!面白い子ね!」


煙草の匂いに包まれた部屋で酒を飲みながら鼻高らかに笑うのは、VIPラウンジにて一番の権力者であるママこと明乃さん。昔から俺の父親と親しくしている間柄だ。


「新に頼まれて雇ったけど、本当にあの子は素晴らしい子。私にとっては話題性もあって退屈しないし、接客に出れば誰にも負けないような支持を得て…。本当に純連を雇ってよかったわ。」


俺は最低な人間だ。


「そう仰ってもらえて光栄です。許婚の私も鼻が高いです」


純連にとって俺は、最低な許婚、最低な幼馴染。


最低な復讐相手。



















ずっと知っていた。

復讐を目論んでいることも、『俺を惚れさせて残酷に振る』っていう復讐の内容も。

全部全部知っていた。



「新のこと好きだから…何されたって良いの」



ぜんぜんそんなことないくせに。



「新って料理上手なんだね。凄い…。惚れ直しちゃうよ」



惚れ直すも何も、俺のこと好きじゃないくせに。



「……逃げないよ…。私、新のこと好きって前に言ったじゃない…」




家族を壊した男のことを…好きだなんて言えるはずがない。