立ち上がろうとしたところ、地味な布の鞄が顔面に投げつけられた。

今の彼女に与えられた唯一の所持品だ。

ペトラは鞄を持って立ち上がる。

紐を肩から斜めに掛けて、バーランド王国の兵士に話しかけた。

「あの、近くに集落とかありませんか?」

「ありますよ。この先を真っ直ぐに進んだ所です。結構な距離ですが」

兵士が笑顔で応える。

バーランド王国に属する兵士だから対応がいい。

「よろしければそこまでお送りしましょうか?」

ペトラは「お願いします」と言いたかった。

しかし、彼女にはその言葉を言うことができなかった。

先ほど、兵長を信じようとして怖い思いをしたところだから。

目の前の男がバーランドの兵士だと分かっていても不安だった。

「いえ、自分で、歩きます」

「そうですか。ではお気を付けて」

「はい」

トボトボと舗装された道を歩くペトラ。

「何で私がこんな目に……」

ペトラの目から一筋の涙がこぼれる。

そうなると、もはや止めることは出来なかった。

我慢の糸がプツンと切れ、彼女は1人で泣きじゃくるのだった。