花に纏わる、少し切ない純愛物語です。

あらすじ

 この物語の主人公である橋本哲也は大学1年の春、後藤幸恵という女性と出会い、人生初めての恋愛をする。大学生活のほぼ全てを彼女と過ごしたが、卒業を間近に控えた大学4年の1月、突然別れを告げられる。
 その本当の理由を知らずに社会人になった彼は、5年が経ったある日、思わぬ形でその真実を知ることになる。

 そして、彼がある場所で、彼女の好きだった雪椿の花に気づいた時、一度目の奇跡が起きる。





この作品のキーワード
恋愛  切ない  純文学  感動